虫歯治療だけではなく綺麗な歯にもしてくれる歯医者が嬉しい

歯が美しいと気分もアガる?審美的な診療科目

歯医者の古今

歯並びが変わっている?

歯や口元は本人が思っている以上に見られているものであり、それが良くも悪くもその人だと印象付けられます。昔に比べると人間の顎は細くなっていて、それによって本来歯が生える場所がなくなり歯並びが悪くなりやすいといわれています。

乱杭歯や歯が前後になってしまう。親知らずが斜めに生えてしまい切開が必要な場合もあります。顎が細くなった原因ですが柔らかい食べ物が多く、咀嚼機能が低下した為です。日本とは全く異なる食生活をしているフィジー・サモアでは咀嚼機能が衰えていないので、顎ががっしりしている方が多いです。

顎が細くなると華奢なイメージがあり、特に女性はそれがメリットになるケースもあります。但し顎が細いと肥満ではないにも関わらず二重顎になってしまう方も多くいます。

ライフスタイルとコンプレックス

歯並びは本人のコンプレックスになりやすく、場合によってはライフスタイルやその人の人格形成に大きな影響を及ぼします。特に子どもは周りと違うものに対してはとても残酷になります。

歯並びは表情にも影響が生じるので、幼い頃歯並びや笑顔について指摘され人前で笑う事が出来なくなったという方もいます。歯は骨の様な役割を持っているので正しい位置に無いと肩こりや頭痛の原因になります。

物心が付いた時から原因不明の体調不良に悩まされている場合、歯並びが原因というケースもあります。人によっては気にしないという方もいますが、歯並びは豊かなライフスタイルを阻害する。またはコンプレックスを大きくする可能性を秘めているのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る